おかずブログ 徒然なるままに

32歳男子。外資系商社勤務。徒然なるままに気ままに日々を綴ります。

人事異動

最近、会社で人事異動の内示が発表された。自分が属する営業部が大きく変わる。

まず今の上司と先輩が同時に海外転勤、そして定年後再雇用シニア社員は契約更新せず退職。よって営業部員マイナス2名が確定。新しい上司は現課長が昇格。自分は異動も昇格もなく現状維持だが、この変化により、これから確実に仕事量とノルマが増える。

早急に減員を埋めるべく新規人員を求めているが、なかなか採用に至っていない様子である。このまま新規採用が決まらずに行くとノルマだけ上乗せされる事が確実だ。

今の会社は新卒採用を行なっていないので、基本的に中途採用での人員確保となる。

転職市場は活況であると聞くが、実際にはこちらが求める時期やスペック通りの人材を見つけて採用することはなかなか難しい作業であると感じる。

結構、人が足りなくて早急に良い人材を確保したい企業は多いと思う。

自分の職場の場合、年齢構成として40代半ば〜50代が最も多く、35歳〜45歳の世代が極端に少ない。実際、自分は32歳だが、そのひとつ上は40代中盤以降が占めている。

30中盤〜40代前半の層が極めて薄い。

従って、これからの自分の仕事量としては規模感だけでいうと一回り上の世代つまり課長職相当の数値をあげて行かなくてはならない状況にある。

これは自分にとってチャンスであると言われることがあるが、何がチャンスかというと、つまり自分にとっては上が詰まっていないので昇格する機会がこれまでより早いタイミングで来るかもしれないという事を言いたいのだろうけど、実際は結構年功序列体制なので数字を上げているからといって年齢の割に若くして昇格する可能性はそれほど高くない気がしている。会社からしたら若い人間に高い数値目標を与えて実現させる事は割安の経費で利益をあげる事ができるから効率の良い稼ぎとなる。

今の45歳以降の世代は基本的にもはや転職するケースは少ないと思うので結構それなりの高い人件費を払い続けて行かねばならないので、自分のような30代前半に対しては出来るだけ割安の経費で利益貢献させたいという意図があると感じている。

一方で自分としては今の段階で少しでも上のレベル、規模感で仕事をする事によって質の高い経験と知識を蓄積できる環境であると考えれば、それなりのモチベーションにはなっていると感じるが、今後、自分が会社に提供する労働力があまりに割安であると判断できた場合、自ら環境を変えるアクションも必要であると感じる今日この頃である。

 

とりあえず、目下日々の仕事に精を出して一つ一つ経験を積み上げていきたいと思う。

 

おかず

この10年を振り返って

2018年、2ヶ月が過ぎようとしています。寒い日が続いておりますが元気に過ごされていますか。早いもので先日32歳になりました。就職してもう10年になるのかと思うとあっという間な気がしますが、これまでの10年とこれからの10年について少し書いてみたくなりました。

 

2008年 上京

初めて地元を離れて東京へ来た時のことを思い出します。これから社会人としてうまくやっていけるだろうか、寂しくなってすぐに地元に帰りたくなるのではないか、上司や先輩とうまくやっていけるどうか、どんな生活が待っているのだろうか。

見ず知らずの街での新生活。不安をかき消すように自分を鼓舞して独身寮へ向かった道中、まるで物語の主人公になったような気持ちで車窓から景色を眺めていました。

入社後は同期の誰よりも早く仕事を覚えたいという気持ちが強くて結構無理して自分を追い込んでいたように思います。

 

日常生活の中で東京タワーの夜景や高層ビル群が視界に入ると、ああ俺は東京で働いているのだなと実感したものです。高揚感も幾分あったかと思います。

しかし家族も彼女も地元にいたので、寂しい気持ちは離れず、仕事が充実しているとみなしてそれを誤魔化しながら過ごしていたように思います。

当時の上司は少し変わっている部分もありましたが、仕事に非常に熱心で、指導も大変厳しく、その勢いについていけずに逃げ出したくなる気持ちは多々ありました。携帯の着信画面にその人の名前が表示されると心がキュッと締め付けられる感じ。適当に受け答えすると直ぐにバレるので頭フル回転で応答する。自動的にそんなモードに入るのです。相当恐れていたんですね。今でもたまに会いますが、相変わらず熱いおっさんです。あれから出世したようで、さぞ部下の方は大変だろうなとお察します。笑

 

2012年 海外へ転職

 

そんな熱く厳しい上司との丸4年間はあっという間であり、貴重な濃い時間でした。そのうちに海外で働きたいという思いが強くなり、シンガポールでその機会を得ることになりました。日本企業の海外現法での現地採用枠でした。多くの人から、「現地採用」は大変厳しい環境だからと反対されました。上司だけはいっさい反対せずにむしろ応援してくれました。今思えば、その時に周囲の声にもっと耳を傾けておけば判断も変わったのかなと思いますが、当時の自分にはいっさい迷いがなく、海外行きを決めました。

もちろん不安もありましたがそれ以上にワクワクしたからです。

 

ところが、シンガポールでは苦悩の日々でした。意気揚々と日本を飛び出しましたが、実際のところ環境の変化に自分が追いつかず、気持ちの切り替えができなかったのです。この選択は本当に正しかったのか、会社をやめるべきではなかったのではないのか、次第にそんな風なネガティブな気持ちが自分を支配するようになって行きました。

自分が望み選んだ道なのに、不安と後悔は募るばかり、そして自信を失っていく日々。

今更になって後戻りはできない、弱音を吐くわけにもいかない、相談できる人も周りにはおらず、近くの日本人はみんな輝いて見えたので余計に閉じこもってしまったのです。ついに会社へ行くことができなくなる訳です。人生最大の挫折でした。

 

そんな中でも、あの時あの場所でしか出会えない人とのご縁もありました。

親身に話を聞いてくれて、勇気づけてくれて、助けてくれた人達には感謝しかありません。

 

結局、約1年で帰国することになりました。

 

2013年 日本へ帰国 再出発

帰国して選んだのは地元大阪ではなく東京でした。

挫折からの再出発です。

とにかく失った自信や活力を取り戻さなくてはと、自分を奮い立たせて再起への挑戦です。ここで自分を持ち上げて行くことができなければ、一生キャリアもクソもないと。

自分は使い物にならないという屈辱は二度と味わいたくない。一度逃げた自分との戦いです。そんな風に帰国したのでした。

幸い、海外にいたので英語力は鍛えられました。弱い自分も理解しました。

挫折も、悔しさも情けなさも全部受け入れて、もう失うものはない、と。

 

不思議なもので、そうすると仕事がみるみる楽しくなるわけです。結果も伴ってくる。

シンガポールで燻っていたのを晴らすように、がむしゃらに働きました。

中途半端にプライドとか自信があるとそれが邪魔して新しい環境で力が発揮できない場合もあるのだと思いました。

墜落寸前の超低空飛行状態でしたが、その後は何とか上昇気流に乗っている感覚で過ごすことができております。きっと、この先も色々な出来事が待っているだろうと思います。

 

2018年 今思うこと

 

結局、全てのことは自分の積み上げになるのだなと。

人生は選択の連続ですが、「選択」ができる時代に生まれてきたことは大変に恵まれていることに感謝しながら、これからもワクワクすることに素直に生きていきたいと思います。

 

振り返ってみると、ここ10年は早いようで色々な事があったなあと再認識しました。

これからの10年も、辛く厳しい挫折が待っているのかもしれません。

何が起こるのかわかりませんが、「希望」を持ちながら目の前のことに尽力して生きたいと思います。

 

おかず 

働き方改革について

早いもので2017年もあと残すところ僅かとなりましたが今年はどんな年でしたでしょうか。毎年あっという間に過ぎ去っていく感じで今年は何をしただろうかと思い返すと日々の働き方に関して自分なりに変化があったかと思います。

 

今年は色んなところで「働き方改革」をいうワードを耳にした方が多いと思います。

一体何が改革なんだとピンとこない感じでしたが、ちょっと時間の使い方、意識づけを変えてみたら予想以上にパフォーマンスが上がった事について書きたいと思います。

 

ありきたりですが、それは「朝早く起きる」事でした。

 

都内でも有数の激混み沿線に住んでいるのですが、まず朝ラッシュ時の満員電車はこりごりでした。みんな表情が暗くて身動きが取れなくて周りに気を配る余裕もその気もなく、ただただ目的地の駅まで耐えているだけの時間。。。無事下車するとホッと息を吹き返して歩き出す。。。その時点で体力と気力は就業開始前に既に消耗しているものです。貴重な気力が奪われるのは大変もったいない事です。ラッシュ時の混雑が解消する事は現状ほぼ不可能なので、満員電車にはもう乗るまいと決めました。

 

始発電車に乗って、とまではいかないですが、朝早く家を出てラッシュ前の電車に乗って(それでも絶対座れません)誰よりも早く会社に出ると、今まで知らなかった世界がそこにありました。

 

それは、圧倒的な自由時間です。

 

電話はかかってきません。上司やめんどくさい先輩もまだいない。

静まり返ったオフィスには一人だけ。次第に朝が早い常連さんがポツポツと。

この自由で静かな時間の使い方で正直その日の大半の仕事が片付きます。

まず皆が出社する前の段階で依頼事項を全部投げる。他者からの回答待ち状態にします。

それと前日の夕方〜夜にかけて受信しているメールに対する返答を出す。

簡単な内容でも出来るだけボールを相手に投げ返します。回答に困る時でもとにかく取り急ぎ返信を出します。この行為は自分への備忘録にもなります。

 

皆が出社する定時の頃には既に一通りボールを投げ返した状態になっており、自由時間で思い描いたその日のアクションを淡々を実行していくのみです。始業時間後はどうしても他人様の時間軸に合わせる必要が出てきますので思い通りに行かないこともありますがそれも想定内である事を自覚できます。営業ですので日中は外出が多いので時間はあっという間に過ぎて行きます。商談後にメールを確認すると朝投げたボールが返ってきています。至急案件は即座に反応しますが、緊急を要しない内容については翌朝に回します。夕方以降はその日中に投げておくべき案件に限りボール投げてさっさと帰路に着きます。あるいはランニングしてから帰ります。

この流れを続けていくと、次第に仕事に追われるのではなく仕事を追っかけていく感じになってきます。そうすると結構仕事が楽しくなっていくと同時にパフォーマンスも上がっていく感じがします。何より精神的に健康なのが一番いいと思います。

 

朝型の習慣がついてくると、こんな自由な時間を活かさずにはいられない感じになってきます。早起きは辛いですが66日くらい継続するとそれは習慣になると何かの本で読みました。確かに2ヶ月くらい早朝出社続けていると朝が苦ではなくなり、むしろ朝ラッシュ時に電車に乗る方が相当な苦悩である事がわかります。

 

今年、この変化は結構な変化かなと思いつつ、一つの「働き方改革」例になるかなと思いました。

 

さて今年もあと少し、最終の追い込み頑張りましょう!!

 

それでは

 

おかず

年俸制の良し悪しについて

年棒と聞くとプロスポーツ選手の給与体系を想像する方も多いと思いますが、私のような普通のサラリーマンでも年棒制を採っている会社が存在します。

外資系企業においてこの年棒制を採用している場合が多いように思います。

向こう1年間の給与額が確定した形で提示され、それを12で割った金額が1ヶ月のお給料、月俸となります。20代の頃は日系企業に勤務している期間が長かったため、一概にどちらが良かったのか断定するのは難しいですが、実経験をもとに年棒制の良し悪しについて思う点を書きたいと思います。

 

良かったと思うこと:より効率を求めた働き方を意識する

前述の通り年棒制では予めお給料の額面が確定しておりますので、私の場合それに加えて時間外手当や営業手当、出張手当等の収入のプラスαとなる要素が排除されております。よって、1日に何時間働こうが(1日7時間が規定)収入の増減に影響しません。

貰えるお給料が一緒ならば、当然長時間労働によるメリットは一つもありません。もちろんトラブルや踏ん張り時、ここぞという局面において遅くまで働くことはありますが、総じて夕方にはパソコンを閉じる様に意識していく様になりました。しかし会社から求められる業績貢献への責任は年々増える一方です。でも毎日遅くまで働くのは絶対に嫌だ。であれば効率よく働くしかありません。その動機付けとして、年棒制なので長時間労働は収入面でなんのメリットにもならないという事実が効率化への意識を高めている様に思います。まだまだ試行錯誤しながらの日々ですが、予定通りの時間にその日の業務を終えて帰路についた日はとても気持ちが良いものです。

 

残念に思うこと:福利厚生が充実していない

どうしても制度の異なる企業に従事する経験があることから、比較してしまう事もあります。その一つが福利厚生です。現在勤務している企業ではこの福利厚生なるものは、ほとんどありません。先程と話がかぶりますが年棒制では「○○手当て」なるものは基本的にありません。なので例えば住居費用に対する手当てや社宅・寮などはありません。生活コストは先の月俸から全て賄う必要があります。

かつて私は独身寮で生活しておりその時は本当に気持ち程度の寮費で住居費用は無しに等しい状況でした。また社宅や家賃補助が出ている友人の話を聞くと羨ましい気持ちになる事も多いです。この住居費用に対する手当て、金額に換算すると立派な収入と捉える事が出来ます。月5万円の家賃補助が出るのならば、年間60万円、これはやはり大きいと思います。年棒制に身を置いている立場からすれば、随分と面倒見がいいなあと思います。

 

良い悪いは考え方による

それぞれ与えられた環境においての捉え方・考え方次第ですが、いずれにせよ「自律して働く」事が大切な事かなあと思います。

 

おかず

外資系企業とは思えぬ給与体系について

皆さん、「外資系企業で働く」といえばどんなイメージを持ちますか?

高給取り、実力主義、オープンな社風、社内は全て英語、社員の入れ替わりが激しい、等々。様々なイメージがあるかと思います。日系企業と比較して待遇面でどうなのか、働き方はどう違うのか。ご興味ある方もいるかと思います。

 

今日は簡単にですが、これまで日系企業外資系企業(現職)両方で勤務経験のある自分の経験から僅かでも参考になればと思いツラツラと思いつく点を挙げたいと思います。ちょっと特殊事例もあるのであくまで一参考となれば幸いです。

 

オフィス社内はほとんど日本人

外資系企業から見ましたら、日本オフィスは日本市場での事業を主目的とした海外手先機関の一つとなります。顧客も日本人である事が多いです。従って当然ながら日本のカスタマーとの円滑なコミュニケーションが求められ、主言語は勿論日本語となります。

社内で外国人を見かけるとすれば、それは海外からのパートナーあるいは本社からのずっと偉いさんだったりしますが限定的です。普段、日頃からオフィスで接するのはほぼ100パーセント日本人です。そして社内公用語は「日本語」です。

 

待遇は必ずしも成果主義ではない

現在は年棒制なので日系企業の時のように「〇〇手当て」なるものはありません。

この〇〇手当てが積もれば大きな存在になる事を感じます。例えば、「海外出張手当」これ、おそらくある程度大手の日系企業ですと海外出張には渡航先の物価指数に応じて日当がつくだろうと思います。海外出張が多い自分ですが現職ではこの日当が全くつきませんので、何だかなあ〜。。と思うことがあります。

年棒に加えて、年1回の「インセンティブボーナス」なる所謂ボーナスがあります。

しかし大枠で属する組織の業績に大きく影響されるため、また年功序列を思わせる制度から、個人成績がどこまで如実に反映されているのか正直不明瞭です。業績が悪いと目が点になるほどの額面だったりします。最悪、全く出ないケースもあります。個々人の努力や実力、達成だけでは叶わないです。うーん、この辺りが非常に日系的というか、何かモヤモヤ感は拭えないのが正直な感想です。

 

結局、自分がやったことに対する納得感、満足感があるかどうかだと思います。

他と比較してもキリがありませんし、現状では、良くも悪くも「こんなものか」と思っています。

 

しかし、これはほんの一例なので、企業によっては物凄い金額のボーナスや給与体系なので業界や職種は要チェックですね。

 

働き方:自由度は高いと感じる

 

これは日系企業で働いていた時と最も違う点だと感じます。

まあ入社年次や経験値が若かったこともありますが、結構細かく許可やお伺い(社内確認)が多かったなという印象です。

現在ではほぼ自分の好き勝手に動いています。トラブルや相談事は自分から発信する事が多いです。上司も細かく口出ししません。だから自分としては非常にありがたい環境ではあると思っています。

でも仕事は浮き沈みがありますね。モチベーションが下がると結構辛かったりします。

慣れてくると一連の仕事流れも掴めてくるので惰性で仕事してしまう事があります。

うまく軌道修正できれば良いのですが、自分で何とかするしかありません。それは日系だろうが外資系だろうが変わらない事でしょうが、やはり受け身姿勢だと仕事は降ってきませんのでより自立して能動的に仕事をクリエイトする姿勢が求められます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

今日もお疲れ様でした。

 

おかず

お客様は神様か?

「お客様は神様だ」とは勿論精神的な表現であって、当たり前だがお客様は人間である。人間だから良い人も悪い人も病的な人も世の中には色々な人がいると実感した事を書きたいと思う。

 

ある商品からの不適合品が発見されたとのことで、当該品購入者から申し出が入ったので、一度先方へ連絡してほしいと流通担当から連絡がきた。(本来ならば当該商品を店頭で販売した小売業者が窓口であるべき案件)先方は手が離せないとの事にて止むを得ずの対応だった。

そこで第一報、購入者への連絡。電話先でカンカンに怒っている。

「今日の夕方、自宅まで商品を取りに来い」との事だった。

この時点で通常ではないことは想像できたが基本的に初期対応が鈍ると誤認識・誤情報だけが拡散されるリスクが伴うので、予定を調整して対応することにした。

 

夕刻、指定された最寄駅まで到着。もう一度購入者への電話。

この時すでに日本語が聞き取りにくく、電話先の態度も依然として高圧的だ。

どうやら駅から自宅までの道順を説明している様だ。

自宅訪問に際しては単独での行動は場合により非常に危険なことから、必ず複数人で帯同する事にしているが、それでも先方の立腹した態度や口ぶりから今日は長くなりそうだと容易に推測できた。カンカンに怒っている人のもとへ歩を進めるのはとても辛い。また正直この時点で購入者が普通ではない事は間違いない。

 

自宅についた。そして(恐る恐る)入室。

先ず鼻をついた。アルコール臭だ。ああ、やっぱりそうゆう事か。

相手は既に酒帯状態だった。

 

そこから正座して1時間強だったか、先方から経緯説明とお説教を受けた。終始、お酒のお代わりをしながら。1秒でも早くこの場から去りたいという気持ちと、長時間の正座はきつい。とにかく先方は凄い勢いで怒っているので、相槌してはお詫びの言葉を並べる。相手の意見を否定したり反発するのは得策ではない。

やっと解放された。ああ、こうゆう時は録音機を鞄に忍ばせておくべきだなと、つくづく思った。

 

結論として相手は要するに悪質なクレーマーだった。

 

結局、その商品については正常品であった事がその後の分析により明らかになった訳だが、その日に浴びせられた数々の罵倒や精神的苦痛、拘束時間、本来の業務が停止した事、交通費、お詫びの品物代、等々 色々な想定外の出費となってしまった。

でも、この経験から得るものもある。

 

詳細はどうであれ、その人はその商品で不快な思いをしたのは事実だと思う。あれは演技で怒っているのではないと思う。

正直、本件につき論理的には謝る筋合いが全くないのだが、その怒りの矛先の役割としては紳士に対応し終始陳謝したつもりだ。退室する直前には少し怒りが沈んでいたことも確認できた。

 

この1時間強のお説教の中では、本件とは全く関係のない話が大半を占めた。

なんか、この人は本当はこの商品に怒っているのではなく、社会全体への不満を僕にブチまけている様に感じた。そしてその話を聞いて欲しかったのではないかと振り返る。

 

本件の様な対応は今後二度とするつもりはないし、その人には二度と会う事はないが、消費者があまりに自分自身の論理だけで言いたい放題な状況を強く感じる。

 

「お客様は神様」だと言い出した人のその真意は違う処にあると思うが、お客様は人間である事を肌で感じた体験だった。

 

おかず

ダイエット ランニング記録

昨年末から継続的にランニングをしています。

1ヶ月で100kmを目標にしながら気楽に行っています。

1月〜3月は100km到達しましたが4月5月は出張もありで未達。。。

海外出張の週はこれまでの努力が水の泡、毎日現地の食事、接待でどうしても暴食になってしまい。。。ランニングの目的は減量なのですが一進一退で目標体重にはまだまだ遠い。

 

パターンは3つあって、

・仕事後に皇居ラン(1周5キロ)

・帰宅後に近所一周(1周4.5キロ)

・ジム(月謝7400円)

 

最近は夜に近所を走るパターンが増えつつあります。

ジムにほとんど行けない月があるから7400円勿体無いなあと解約を検討中。

 

なんか、30歳を超えてくると前みたいにちょっと運動しただけでは中々体重が減ってくれません。若い時の代謝ってほんま凄いんやなーと実感。高校とか大学生の時の写真を見たら笑えるくらい別人です。。

 

どうやったら目標体重に近づけるか、効果的に減量出来るのか、自分なりにランニングする時のペースとか時間帯とか前後食事内容とか意識しているのですが、結果出せずにおります。

 

当たり前の話ですが例えばカロリー摂取量を消費量が超える毎日を送れば痩せるのだろうが、これが難しい。。

 

仕事終わって空腹で帰宅した時に我慢して少食で終えることはまあ難しい訳です。

お腹ペコペコな状態になる前に何か摂るべきなんだろうか、お酒飲めず食事、特に炭水化物が大好きな自分にとって空腹感はとても辛い、大敵です。

 

世の中のダイエット成功者の体験談を是非聞いてみたいです。

ダイエットは我慢しない事だとネットで見ましたが、うーん、我慢せずにどうやって成功するのか今の自分には難しい。。。

 

でもランニングは楽しくなってきたのでこのまま継続して行こうと思います。

目指せ5キロ減量!!

 

成功したら新しくスーツを買おう。

お腹ボテーっと出ているおっさんには絶対なりたくないので、今年勝負やな。

頑張ります。

 

おかず