おかずブログ 徒然なるままに

31歳男子。外資系商社勤務。徒然なるままに気ままに日々を綴ります。

外資系企業とは思えぬ給与体系について

皆さん、「外資系企業で働く」といえばどんなイメージを持ちますか?

高給取り、実力主義、オープンな社風、社内は全て英語、社員の入れ替わりが激しい、等々。様々なイメージがあるかと思います。日系企業と比較して待遇面でどうなのか、働き方はどう違うのか。ご興味ある方もいるかと思います。

 

今日は簡単にですが、これまで日系企業外資系企業(現職)両方で勤務経験のある自分の経験から僅かでも参考になればと思いツラツラと思いつく点を挙げたいと思います。ちょっと特殊事例もあるのであくまで一参考となれば幸いです。

 

オフィス社内はほとんど日本人

外資系企業から見ましたら、日本オフィスは日本市場での事業を主目的とした海外手先機関の一つとなります。顧客も日本人である事が多いです。従って当然ながら日本のカスタマーとの円滑なコミュニケーションが求められ、主言語は勿論日本語となります。

社内で外国人を見かけるとすれば、それは海外からのパートナーあるいは本社からのずっと偉いさんだったりしますが限定的です。普段、日頃からオフィスで接するのはほぼ100パーセント日本人です。そして社内公用語は「日本語」です。

 

待遇は必ずしも成果主義ではない

現在は年棒制なので日系企業の時のように「〇〇手当て」なるものはありません。

この〇〇手当てが積もれば大きな存在になる事を感じます。例えば、「海外出張手当」これ、おそらくある程度大手の日系企業ですと海外出張には渡航先の物価指数に応じて日当がつくだろうと思います。海外出張が多い自分ですが現職ではこの日当が全くつきませんので、何だかなあ〜。。と思うことがあります。

年棒に加えて、年1回の「インセンティブボーナス」なる所謂ボーナスがあります。

しかし大枠で属する組織の業績に大きく影響されるため、また年功序列を思わせる制度から、個人成績がどこまで如実に反映されているのか正直不明瞭です。業績が悪いと目が点になるほどの額面だったりします。最悪、全く出ないケースもあります。個々人の努力や実力、達成だけでは叶わないです。うーん、この辺りが非常に日系的というか、何かモヤモヤ感は拭えないのが正直な感想です。

 

結局、自分がやったことに対する納得感、満足感があるかどうかだと思います。

他と比較してもキリがありませんし、現状では、良くも悪くも「こんなものか」と思っています。

 

しかし、これはほんの一例なので、企業によっては物凄い金額のボーナスや給与体系なので業界や職種は要チェックですね。

 

働き方:自由度は高いと感じる

 

これは日系企業で働いていた時と最も違う点だと感じます。

まあ入社年次や経験値が若かったこともありますが、結構細かく許可やお伺い(社内確認)が多かったなという印象です。

現在ではほぼ自分の好き勝手に動いています。トラブルや相談事は自分から発信する事が多いです。上司も細かく口出ししません。だから自分としては非常にありがたい環境ではあると思っています。

でも仕事は浮き沈みがありますね。モチベーションが下がると結構辛かったりします。

慣れてくると一連の仕事流れも掴めてくるので惰性で仕事してしまう事があります。

うまく軌道修正できれば良いのですが、自分で何とかするしかありません。それは日系だろうが外資系だろうが変わらない事でしょうが、やはり受け身姿勢だと仕事は降ってきませんのでより自立して能動的に仕事をクリエイトする姿勢が求められます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

今日もお疲れ様でした。

 

おかず